Photo Space

2017-1-8 NO.0015



2017年最初の写真展です。
個々の写真のタイトルは基本的には投稿者にお願いしています。注釈がなければ
投稿者の方のコメントです。コメントは適宜は管理人が追加している場合もあり
ます。(by Sasugaの表記です。)
作品はいつもの通り投稿順です。ゆっくりお楽しみ下さい。
(リサイズしています)


第15回写真展 『うつろい』





ある夏の思い出

captured by T.Aさん

変わらないようで変わる景色もあります。




色のうつろいを楽しむ

presented by H.Oさん

秋はやっぱり色のうつろいですね。(by Sasuga)





最後のひと頑張り

presented by F.Nさん

あたりは茶色い葉っぱさえ落ちてしまっているのにここだけはまだきれいな
ままでした。落葉も目前ですが頑張っている様子に感じるものがありました。






風邪のお薬

captured by F.Nさん

散歩コースにあるかりんの木のうちの1本ですが取りやすい下の方について
いると思われる実は跡形もなく、取りにくい上の方に残っているばかりでした。
聞くところによるとこの遊歩道の木の実は誰がとってもいいのだそうです。

かりんはかりん酒にしてもはちみつやお砂糖につけても風邪に効くとか。
作っておくと良さそうですね。





新幹線キス@

captured by T.Mさん

 こうやって見ると新幹線は綺麗ですねぇ〜。
新幹線の色も「うつろいゆく」のかもしれません。 (by Sasuga)






新幹線キスA

captured by T.Mさん

 色は違えど似た者同士・・・。(by Sasuga)





83歳

captured by A.Sさん

 まもなく解体されるそうです。長い間、お疲れ様でした。(by Sasuga)





「国内で最後まで残ったトポス北千住店、ついに閉店」

captured by Y.Sさん

以前、このホームページ内にて採り上げていただいた「トポス北千住店」です
が、再開発事業である「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」を実施する
区域内に入ったため、平成28年11月14日(月曜)午後6時をもって、閉店しました。

前身となる東京丸信ダイエーと、ダイエー時代もふくめると、足かけ47年間に
わたり営業したことになります。閉店する2、3日前に、投稿者も投稿写真を撮
影するため店舗に行きましたが、店内にある閉店メッセージボードに書かれた
「やめないで」の文字を見て、不覚にも涙が出てしまいました。

47年間、ありがとう、そしてお疲れさまでした。





タイムスリップ

captured by Y.Sさん

ベトナムでの観光で舟に乗った時だそうです。モノクロライクな写真
も手伝って時代がスリップしたような感じがしますね。(by Sasuga)





Light up in Hanoi

captured by Y.Sさん

ベトナムのライトアップだそうです。ライトアップにもお国柄は出ますね。
(by Sasuga)





春を呼べ

captured by K.Sさん

この暖かさで桐生市山上城址公園の蝋梅が咲き始めました。
まだ蕾が多いですが、既に花を開いている木もあります。





蝋細工

captured by K.Sさん

蝋梅の黄色い透明なが咲くと園内には芳しい香りが漂い
季節がゆっくり春に向かっていることを感じます。





年の瀬の足音

captured by H.Fさん

年末年始も平常運転のお店が多い昨今。
大変便利な反面、どことなく無機質さを感じます。
新年へと移ろっていくときの街の非日常感をまた感じてみたい。






雷親父はいまいずこに

captured by H.Fさん

主のいない団欒の間とちゃぶ台。
雷親父もいまや絶滅が危惧される時代。






初秋

captured by M.Sasuga

秋の初めは緑も深いです。





秋色

captured by M.Sasuga

 一枚の中に秋の色てんこ盛りです。





紅葉

captured by M.Sasuga

2016年一番の赤でした。





冬と言えば・・・

captured by M.Sasuga

今ではイルミネーションは冬の風物詩ですね。





主役交代

captured by M.Sasuga

草花が色を無くした時、ツユは輝きを増します。





 募集期間が年末にかかり、皆さん忙しい中ありがとうございました。
お蔭様でいろいろな写真投稿頂きましてありがとうございました。
次回もまた宜しくお願い致します。(by Sasuga)




おしまい
inserted by FC2 system